日常雑記

酒、料理、音楽、漫画etc。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

そろそろ白ワインも

2009_0425お酒-1 2009_0425お酒-2 2009_0425お酒-3
お酒:白ワイン「コノスル ヴァラエタル ヴィオニエ&リースリング」(チリ産)各745
アルコール度数:13.5%
 
ヴィオニエ:・・・シャルドネとゲヴゥルツの間くらい?アーモンドとライチっぽい香りが・・・
         南国系フルーツの風味というか、爽やかというよりあでやかで落ち着いた印象の味♪
         冷蔵庫でほんの少しだけ冷やして飲むのが良さそうです。
 
リースリング:ヴィオニエよりさっぱり爽やかな感じ。裏ラベル通り「ほのかな甘み」です。
        ドイツ白ワインでよく見る品種なので、もっと甘いのかと思っていたのですが予想外れ。
        ヴィオニエより辛口に感じるのは酸味の所為?夏に冷やして飲んだら美味そうです♪
        
やっぱ久々の白ワイン飲み比べは難しいです(^^;)果実味と酸味が強えぇ~!
日本酒を飲みなれた体には堪えます・・・というほど飲んじゃいないのですが(笑)
 
 
今回はサラダメインのメニューにチーズを添える予定だったので、ならば久々に白ワインを!
と思ったのですが、あいにくサラダ用野菜が軒並み高くて結局いつもと変わらぬパターンに(^^;)
2009_0425アテ  
●和洋折衷コンソメスープ:
鳥挽き肉・ねぎ・ごぼう・にんじん・もやし・木綿豆腐・・・
【調味料】
鶏ガラ・酒・塩胡椒・固形コンソメ、鳥つくねに醤油・酒・ねぎ・片栗粉 
 
●鳥胸肉のソテー・マスタード風味:
【調味料】
酒・塩胡椒・粒マスタード・にんにく
付け合せに ハッシュドポテト初チャレンジしたのですが、大失敗!
油かなり多目にしたのにフライパンにへばり付いたまま離れず(^^;)。原因はフライパンか
刺身のツマ用のスライサーを使った所為かじゃがいものでんぷんの問題か・・・
なん――かじゃがいも料理と相性が悪いような(笑)。次回(?)再チャレンジ!!
 
●砂肝と野菜の炒め物:
砂肝・ズッキーニ・オクラ・ごぼう・にんじん
【調味料】
にんにく・酒・オイスターソース・塩胡椒 
 
●魚の肝・白子(多分)の酒蒸し: 
【調味料】
酒・にんにく・塩胡椒・薬味にねぎ
いやーラベルに「特価品」としか書かれていなかったのですが(笑)
濃厚かつあっさり(矛盾(笑)、美味いっす♪ 
 
●豆腐のグラタン:
木綿豆腐・鳥モモ肉・椎茸・しめじ・たまねぎ・ホワイトソース
【調味料】
にんにく・酒・塩胡椒、ホワイトソースにマーガリン大さじ2・小麦粉大さじ3・牛乳2カップ 
 
●枝豆・ガーリックトースト
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 23:06 | comments:6 | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

Web関連コース3態

A:HTML/CSS、エディタソフト(未定)、DreamweaverCS4、FireworksCS4、FlashCS4
  言語に関してはタブ打ち中心、Dreamweaverは参考程度?  合計141時間
  Webサイト構築実習は42時間
  Web言語はJavaScript・CGI実習が42時間
  ネットワーク構築実習が12時間
  ウイルス等のトラブル対策が6時間

 バランスの取れた優等生タイプ(笑)。とりあえず基礎だけ学んで、            
 その後伸びるかどうかは 自分次第ってな感じ?

B:HTML/CSS、DreamweaverCS3、Photoshop elements6、イラストレーターは無し?
  HTMLとDreamweaverを重視、フォトショ実習はほんの12時間。  合計で102時間
  Webサイト構築実習は63時間
  Web言語はJavaScript・PHP実習が72時間
  ネットワーク基礎概念が3時間
  ウイルス等のトラブル対策は無し
 メリハリの付いた、ある意味就職には強そうなタイプ?
 とりあえず基礎だけはしっかり身につけて、あとは現場で鍛えてもらうか
 ピンポイントで都合の良いように使われるか???

C:IllustratorCS2、PhotoshopCS2、Dreamweaver8/FLASH8
  言語の授業はほとんどサワリだけ(Dreamweaverを少し)
  画像処理ソフトの基礎~応用が120時間
  Webデザイン作成が69時間
  ポスター・プレゼン資料作成が36時間
  色彩の知識と基本が30時間

 見事なまでにデザイン寄り。WebというよりむしろDTP向きのコース?
 まぁWebデザイン求人のほとんどがイラレ・フォトショ必須だし、       
 実戦的といえば実戦的ですが・・・         


 
・・・と、何やら訳わからん事を書き連ねておりますが、実は3月下旬から職業訓練を受ける
準備を進めておりました。この春から失業保険給付対象外者への貸付金額がアップしたので、
受講しながらでも何とか生活できるかなーと。
(ちなみに以前は低額貸付&訓練期間中のバイトも禁止という実に使えねー制度でした(^^;)
次回開講は7月1日なのですが、申し込み締め切りが4月末、試験(適性検査)&面接日が
5月下旬、合格発表が6月下旬。
・・・失業給付を受けながら受講するなら問題無いどころか給付期間が延長されてラッキー♪
てなもんでしょうが、それ以外の失業者には相当ツラいシステムです。
これは「訓練を当てにせず、先ずギリギリまで自力で職探しせい」という行政側の陰謀か?
ま、競争率もかなぁり高いので就活も平行してやるつもりでしたが・・・
4月からこっち、異様―――に求人が無いんすよね~もう笑っちまう位(^^;)
知識と技術が必要なのはまさに今なのに・・・
どうせ3ヶ月+職場実習1ヶ月の短期コースなんだから、毎月数コースだけでも開講して
申し込み日の翌月には受講できるようにして欲しいところです。

ともあれ、雇用・能力開発機構のHP(地域版)から日々応募状況が確認できるので
期限ギリギリまで粘って、少しでも合格率が高いコースに申し込もうと思っておりますが・・・
多分大多数の人が同じコト考えてるだろうなぁ(^^;)

関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 仕事 | 23:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

和食ならOKという訳でもなく

●お酒:特別純米生酒「水尾」(長野・田中屋酒造) 1.8L 2,780円
原料米:金紋錦、アルコール度数:15度以上16度未満、精米歩合:59%
日本酒のタイプ:コクのあるタイプ、中口、お勧め飲用温度:冷や(5℃)
 
先週に 引き続き、水尾。やっぱ濃いぃです、旨味が・・・酸味も強いし。
今回 あっさり目のアテにしてみたのですが、やっぱ食中酒向けでは無いような・・・
ちなみに合うと思ったのは塩気キツ目の深川風丼、ニンニク醤油をぶっ掛けた
みつばとさらし玉ねぎでした(^^;)
マジ、塩もしくは塩っ辛いアテで飲むと良さそうです。塩昆布や塩辛にも合うかも♪
食事に合わせられない訳ではないのですが、「マリアージュ」とは到底言い難いというか・・・
食前または食後にじっくり味わうのが良さそうです。
確かにこれだけの個性がある酒なら純粋に酒の味だけを楽しんだ方がトクですよね(^^;)
 
2009_0418アテ  
●深川風丼:
あさり・白ねぎ・玉子・みつば
【調味料】
(塩)・酒・味噌
★あさりを海水程度の塩水に浸し、砂抜き。吐いた砂を吸い込まないよう、
 ザルなどに入れ上げ底する。 水はひたひた位。(多すぎるとあさりが窒息するので)
⇒殻ごとがしがし洗い、酒と少量の水で蒸し煮
⇒殻のフタが開いたら火を止め、殻を外す
⇒煮汁をキッチンペーパーで漉し、ひと煮立ちさせる
  ⇒味噌を溶き入れる(薄味で)
  ⇒白ねぎを加え、火が通ったらあさりの剥き身を入れ、軽く煮立たせる
  ⇒火を止め、溶き玉子をいれ余熱で火を通す
 うーまーいー!!ちょいと固めに炊いたご飯に乗っけて、わしわし食べてしまいました♪
砂抜きの後、塩抜きをしなかったのですがアテとしてはこの位の塩っ気もアリかと・・・
元々貝類はあまり食べないので、こういう基本的なことがわかってないんですよね~(^^;)
体にも良いし、ちょくちょく食べたいものですがお値段的にやや厳しいのが辛いところ。
・・・やっぱ潮干狩り?(笑)   
 
●かつおタタキのサラダ:
かつおのタタキ・豆腐・みつば・さらし玉ねぎ
【調味料】
ニンニク醤油・かつお節・ごま
 
盛り付けセンスの無さを痛感した一品(^^;)
いくら好きだからって、みつば詰め込み過ぎだっての・・・
ニンニク醤油、皮をむいて放り込んでおいただけなのに、実にコクのある味になってました♪ 
ドレッシング作りに重宝しそうです。 
 
●鳥胸肉とじゃがいもの炒め物:
鳥胸肉・じゃがいも・椎茸・エリンギ
【調味料】
ニンニク・酒・マーガリン・塩胡椒
★ジャガイモを炒め、別皿に取っておく
⇒椎茸・エリンギ・塩胡椒した鳥胸肉を軽く炒め、やや多目の酒で蒸し焼き
⇒鳥肉に火が通ったらジャガイモに添える
⇒ソースを作る。フライパンに残った肉汁にマーガリン(大さじ1くらい)を加え、
 トロミが付くまで煮詰める。味見して、必要なら塩胡椒で調味
  
●豚キムチ:豚肉・キムチ・もやし
【調味料】
醤油・酒・胡椒・片栗粉・ごま油 
★豚肉は醤油・酒を揉み込んでおく
⇒キムチ・豚肉・もやしを炒め、水溶き片栗粉でトロミを付ける
⇒風味付けにごま油少々をふりかける
キムチは当たり外れが怖くて(やたら辛いだけとか)滅多に買わないのですが、たまぁに
やたら食べたくなります。やっぱ焼酎にあわせたいですねこれは♪ 
片栗粉はあらかじめ肉にまぶしておけば良かったと思うも後の祭り(^^;) 
 
●鳥つくねの味噌汁:
鳥ミンチ・白ねぎ・たまねぎ・椎茸・豆腐・油揚げ
【調味料】
つくねに醤油・酒・白ねぎみじん切り・玉子・片栗粉、出汁に煮干し・味噌・酒・塩少々
 
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 23:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

珈琲練習帳乃一

カルディコーヒー難波店オープン記念!という訳でもないのですが(笑)
安くてそこそこ美味しい豆が自分の行動圏内で手に入るのはありがたいことです♪
と言う事で、そろそろ本腰入れて勉強しないと・・・技術も知識も。
本当はコーヒー専門店かどこかで働きながら身に付けたかったけど、そんな悠長なこと
言える状況じゃ無し・・・
ま、とりあえず味覚訓練から。豆なんて焙煎度合いによってガラっと味が変わるので
あくまで参考程度に気楽~に♪
淹れ方(ウデ)や豆の挽き方・分量によっても変わるので、参考程度にしか出来ない
というのが本当のところですが・・・(情けねぇ)
先ずは出来る事から始めようということで(^^;)
 
★水600ccに対しコーヒー豆4杯(約40g、すべて中粗挽き)、カリタ式で抽出。
 コーヒー100ml弱に対し牛乳25ml。

グァアテマラ
(中煎り)
200gで451円
ブラック
さすがに酸味が強い!でも後味にコクを感じるので薄っぺらな
印象はない。冷めると酸味が落ち着く感じ。
牛乳
プラス
お、美味い!
牛乳のコクと酸味のバランスがちょうど良い感じ♪
キリマンジャロ
(中煎り)
200gで504円
ブラック
上品な酸味と香ばしさのバランスがgood!!
冷めると酸味が際立ってくる感じ。
牛乳
プラス
ナッツみたいな香ばしさとミルクの濃厚さ、酸味のバランス良し!
マンデリン
フレンチ
(深煎り)
200gで504円
ブラック
独特の酸味がかった苦味と微かな甘み!
やっぱマンデリンは深煎りじゃないと♪♪コクがあるけど
すっきりした後味です。
冷めても美味しいですが、氷を入れるとどうなるかは不明・・・
味のバランスが崩れそうな気がするなぁ、何となく。
牛乳
プラス
上記2種より「コーヒーのコクと甘み」が際立った感じ。
ミルクの濃厚さを求めるなら、牛乳ではちと役不足?
そういう意味ではあまりオーレに向いてないかも・・・
ブラジル
イタリアン
(超深煎り)
200gで588円
ブラック
このコクのある香り、結構好きです♪
良く言えばこってり、悪く?言えばもったり(^^;)。
アイスコーヒー向きですねぇ、多少氷で薄まってもOKな感じ。
冷めると少し酸味を感じると言うか、さっぱりした印象に。
牛乳
プラス
こってり感マシマシ(笑)。
元々濃いので、マンデリンのように特に「コーヒー感」が増す事はない、かな?マンデリンより牛乳の存在感が強いです。
オーレに良さそうですが、牛乳入れると元々の独特な香りが更に
際立つような・・・好き嫌いが分かれそうな感じです(^^;)

 ・・・ま、今回はこのくらいで堪忍したろか~(苦笑)
そのうちきちんとカップテストで味の評価ができるようにならなきゃなぁ・・・
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| お菓子・お茶関連 | 11:35 | comments:10 | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

春呆け

電子レンジでお燗しようとしたら、たっぷり2合ほどぶちまけました(T_T)泣くに泣けん・・・
たまには庫内を掃除せいという酒の神の計らいか?
レンジ機能に影響は無かったのが不幸中の幸い。たまーにこういう馬鹿がいるから
そういう設計にしてるのかもしれん(笑)
2009_0411お酒-1 2009_0411お酒-2
●お酒:特別純米生酒「水尾」(長野・田中屋酒造) 1.8L 2,780円
原料米:金紋錦、アルコール度数:15度以上16度未満、精米歩合:59%
日本酒のタイプ:コクのあるタイプ、中口、お勧め飲用温度:冷や(5℃)

冷や:お、結構酸味が強い?やや甘口ですがすっきりした飲み応えです♪ 
    「旨味」をかなり感じます。 飲んでるとお腹一杯になりそう(笑)
    じっくり飲みたい「冬向けの味」ですね、どちらかと言うと。 
   
燗:酸味が強調されるが、旨味とのバランスが良い感じ。冷やよりはコクが感じられるが
  酸味の所為かあっさりした後口です。
 
結構個性的な風味♪
 味の濃いアテでもいけますが、どちらかと言えばサラダや豆腐、お漬物等あっさりしたものと
相性良さそう。
ただ、今回みたいなこってりタイプの洋食には激ハマリとは言い難いなぁ・・・
合わない事はないけど、特にクリーム系はフルーティな純米吟醸の方が良さそうです。
濃い目のお酒には濃い目のアテが合うかと思ったのですが、かえってあっさり目のアテの方が
アテとお酒双方の味を際立たせるような・・・
基本的に大概の洋食は日本酒に合わせられると思っていますが、きちんとセレクトしなきゃですね(^^;)
まぁ生酒ですので、開封後また違う風味になるかもしれませんが・・・
ちなみに冷蔵庫から出したて(甘さは際立ちますが後味はすっきり)を試してみると、クリーム系と
相性良かったです♪が、やはりお酒としては普通の「冷や」に軍配があがるかなぁ・・・
「お勧めの温度」は5℃ですが(笑)
冷蔵庫から出したての日本酒って微妙な風味を感じ取りにくいと言うか、かなり軽ーく感じます。
(夏場はそれが美味しいのですが)
ヘタレ日本酒飲みの私、「冷や」を美味しく感じる晩春までなるべく多くの日本酒を飲みたいものです・・・
おカネが続く限り(^^;)
無職状態が2ヶ月も続くとフトコロ的も精神的にも厳しいっす・・・
 
2009_0411アテ 
●鳥胸肉ソテーマスタード風味・大豆のトマト煮・かぼちゃのソテー・
 新キャベツと鳥モモ肉のクリーム煮:
 ・鳥胸肉ソテーマスタード風味:鳥胸肉・スライスチーズ
 【調味料】
 塩胡椒・粒マスタード・ニンニク・酒  
鳥胸肉を切り開き、包丁の峯で軽く叩く
 ⇒全体に塩胡椒を揉み込み、片面にマスタードを塗りスライスチーズを挟んで2つ折に
 ⇒フライパンに油を引き弱火でニンニクを炒め、香りが立ってきたら胸肉を入れフタをして焼く
 ⇒両面軽く焦げ目を付けたら酒を回し入れ、蒸し焼き
  うーまーい~!粒マスタードの適度な辛さとビネガーの酸味が利いてます♪
 
 ・大豆のトマト煮水煮大豆・玉ねぎ・人参・セロリ・豚肉・海老・水煮トマト
 【調味料】
 ニンニク・塩胡椒・酒
★玉ねぎ・人参・ニンニクを中弱火で炒める。
⇒セロリ・豚肉・を順に加え、軽く火が通ったら水煮トマトと少量の水を入れ、煮る。
⇒煮汁に少しトロミが付いたら大豆を入れ塩胡椒で調味。
⇒大豆に火が通ったら酒を回し入れ、軽く煮込む。
⇒殻とワタを掃除した海老を入れ、軽く煮詰める。
⇒火を止め、粗熱が取れるまで放置(大豆に煮汁を染ませる)
  ラタトゥイユの時は コンソメを入れるのですが、今回は豚と海老から出汁が出る事を見込み
 ニンニク・塩胡椒と酒だけで調味しました。アタリでした♪
 
 ・かぼちゃのソテー:焼いて塩胡椒で調味しただけです(^^;)美味いっす♪
 
 ・新キャベツと鳥モモ肉のクリーム煮:キャベツ・鳥モモ肉・冷凍ホタテ・エリンギ
 【調味料】
 ニンニク・酒・塩胡椒・ホワイトソースに小麦粉・マーガリン・牛乳 
★鳥モモ肉に塩胡椒しておく
⇒ニンニク・キャベツ・エリンギを炒め、野菜がしんなりしたらモモ肉を入れる。
⇒肉に軽く火が通ったら酒を回しかけ、中弱火で加熱。
 キャベツの水分が出始めたらホタテを入れ、軽く火を通してから一旦火を止める。
⇒別鍋でホワイトソースを作る。
⇒メイン鍋を再加熱し、ホワイトソースを加える。
  ⇒弱火で軽く煮込む。
  新キャベツ、売り場に「サラダがおすすめ」とか書かれていたのですが(笑)
 作りながらついつい摘んでしまいます・・・甘くて美味いです♪
 
●舞茸とニンニクの味噌炒め:
  舞茸と味噌漬けのニンニクを炒めて軽く塩胡椒しただけです。
  酒のアテには勿論、ご飯の友にもイケます。
 
●セロリのサラダ:千切りセロリにかつお節を乗せ、醤油をまぶしただけで何故美味い!
            凝った料理作る気が失せそうです(笑) 
 
●枝豆:塩茹でしました。輸入モノ(台湾)ですがほのかに甘くてウマーです♪
      若干青臭さが残るうちにザルに取り、余熱で仕上げるくらいの固さが好み。
      外で食べると、大概茹で過ぎてるんですよねぇ・・・(^^;)
 
おまけ。近所の公園にて
2009_0411近所の桜 
近所過ぎると却ってお花見し辛いというか・・・(別に大騒ぎする訳ではないのですが(笑)
一度七輪を持ち込んで焼き鳥してみたいのですが、未だ果たせず(^^;)
今年もシラフで桜を愛でる日々です・・・
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 23:44 | comments:5 | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

はるのあじ

●お酒:山おろし純米酒 遊穂(石川・御祖酒造) 1.8L 2,520円
    原料米:五百万石(麹米・60%)、能登ひかり(掛米・55%)、日本酒度:プラス2.5、
    酸度:2.2、アミノ酸度:?、アルコール度数:15度以上16度未満
2週間ぶりの遊穂です。何か前よりカドが取れたというか酸味が和らいだ感じで、素材の良さを
ゆっくり楽しめます♪(単に口が慣れただけかもしれませんが(笑) )
燗のまぁるい口当たりも良いのですが、そろそろ濃醇ストレイト(笑)な冷や(室温)も美味しく感じる
時期になってきました ・・・そういや冷蔵庫から出したての状態で飲むの忘れてたなぁ(^^;)
 
今回、竹の子のアク抜き初挑戦!さすがに当日中には時間的に無理なので
前日の晩に仕込みました。
先週まで竹の子コーナーに米ぬかが置いてあったのに、完売御礼・・・
ま、一般的に良く使われる米ぬかも唐辛子もその根拠がハッキリしないんですが(^^;)
両方ともエグみの元になるシュウ酸を取るのに役立つ説、シュウ酸は米ぬか唐辛子は
ぬか臭さを取る&日持ちさせる説、米ぬかは竹の子に旨味を加えエグみを目立たなく
させるだけ説、重曹が一番効果がある説etc・・・・・・・
とりあえず古来の方式に一部のっとり(笑)、コメのとぎ汁を使う事にしました(タダやし)

まず先端3cm程をカット。この部分にシュウ酸が多く含まれている「らしい」です(笑)
(確かに竹になろうとしている部分なんだし納得出来んでも無い)
皮には竹の子をやわらかくする成分が含まれている「らしく」、数枚残して皮ごと茹でます。
(風味を保つ効果があるとの説もアリ)
タテに切り目を入れておくと何枚くらい残っているかわかりやすい&ラクに皮をむけるようですが
すっっかり忘れていました(^^;)
2009_0404たけのこ-1

コメのとぎ汁(3合分)を入れて最初は中強火、煮立ったら弱火に。
ぷかぷか浮かび上がります・・・うちには落し蓋が無いので、時々上下ひっくり返して凌ぎました(^^;)
茹でるうちに甘ぁぁいふくよかな香りが漂ってきます。至福~♪♪
根元に串を刺してすっと通ったら火を止めフタをして翌朝まで放置。
茹で時間は小ぶりの竹の子(根元の直径10cm前後)2本で大体30分弱?
 2009_0404たけのこ-2

明けて翌日、残りの皮をむく。
めちゃ柔らかく難なくむけるのは良いのですが・・・
竹の子の可食部分って大体三分の二以下だと思った方が良さそうです(^^;)
むいたら即、水に浸しておきます。
 2009_0404たけのこ-3

ということで今回は竹の子づくし!・・・にしたかったのですが、いかんせん分量を
確保できず(^^;)
2009_0404アテ
●竹の子と鳥手羽元の炒め煮:
竹の子・鳥手羽元・大根・椎茸・こんにゃく
【調味料】
酒・塩・味噌 
★こんにゃくと大根をそれぞれ下茹でしておく。手羽元に塩を揉み込んでおく。
⇒手羽元を表面が白っぽくなるまで軽く炒め、酒を回し入れる。水をひたひたまで注ぎ、
 中強火で煮る。
⇒アクが出たらすくい、椎茸・こんにゃくを入れる。再び沸いたら中弱火にする。
⇒煮汁が少し煮詰まったら竹の子・大根を入れる。
  ⇒全体に火が通ったら煮汁を少し取り分け、味噌を溶き入れる。火は弱火に。
⇒煮汁にトロミがついたら火を止め、放置。冷まして味を染み込ませる。
⇒粗熱が取れたら再加熱。
※反省点:椎茸を入れるタイミングが早かったようで、ぼろぼろになってしまいました・・・
 干し椎茸ならもう少しマシだったかも(^^;) 
 
っかぁぁ竹の子美味ぇ!!恥ずかしながらこのトシまで竹の子がほっくりほの甘いものだとは
知りませんでした・・・ちょっととうもろこしに似た味?輸入モノの水煮竹の子とここまで違うとは!!
特に煮物ではその差が明らかです。↓下記のような、濃いめに味付けした炒めものならまだ何とか
誤魔化せそうですが(^^;)
 
●竹の子・茄子・豚肉の炒め物:
竹の子・茄子・豚肉・エリンギ
【調味料】
ニンニク・酒・醤油・塩胡椒
・・・味はともかく、見た目はイマイチ(^^;)
茄子、皮をむいて炒めるべきでした・・・ 
 
●鳥つみれの粕汁:
鳥挽き肉・白ねぎ・もやし・えのき・豆腐・麩
【調味料】
つみれに醤油・酒・卵・片栗粉、味噌:酒粕=2:1、塩少々、出汁はいりこ
 
今の時期はやや酒粕を控えたあっさり目の方が美味しく感じます。
酒粕の残り、冬に備えて冷凍保存しておこうかなぁ・・・次に出来立て酒粕が手に入るのって
早くて12月だしなぁ(^^;)
 
●太刀魚の塩焼き:塩焼きと書いて「酒の友」と読みます(笑)ウマーです♪
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 21:50 | comments:10 | trackbacks(-) | TOPへ

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。