日常雑記

酒、料理、音楽、漫画etc。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOPへ

≫ EDIT

はるのあじ

●お酒:山おろし純米酒 遊穂(石川・御祖酒造) 1.8L 2,520円
    原料米:五百万石(麹米・60%)、能登ひかり(掛米・55%)、日本酒度:プラス2.5、
    酸度:2.2、アミノ酸度:?、アルコール度数:15度以上16度未満
2週間ぶりの遊穂です。何か前よりカドが取れたというか酸味が和らいだ感じで、素材の良さを
ゆっくり楽しめます♪(単に口が慣れただけかもしれませんが(笑) )
燗のまぁるい口当たりも良いのですが、そろそろ濃醇ストレイト(笑)な冷や(室温)も美味しく感じる
時期になってきました ・・・そういや冷蔵庫から出したての状態で飲むの忘れてたなぁ(^^;)
 
今回、竹の子のアク抜き初挑戦!さすがに当日中には時間的に無理なので
前日の晩に仕込みました。
先週まで竹の子コーナーに米ぬかが置いてあったのに、完売御礼・・・
ま、一般的に良く使われる米ぬかも唐辛子もその根拠がハッキリしないんですが(^^;)
両方ともエグみの元になるシュウ酸を取るのに役立つ説、シュウ酸は米ぬか唐辛子は
ぬか臭さを取る&日持ちさせる説、米ぬかは竹の子に旨味を加えエグみを目立たなく
させるだけ説、重曹が一番効果がある説etc・・・・・・・
とりあえず古来の方式に一部のっとり(笑)、コメのとぎ汁を使う事にしました(タダやし)

まず先端3cm程をカット。この部分にシュウ酸が多く含まれている「らしい」です(笑)
(確かに竹になろうとしている部分なんだし納得出来んでも無い)
皮には竹の子をやわらかくする成分が含まれている「らしく」、数枚残して皮ごと茹でます。
(風味を保つ効果があるとの説もアリ)
タテに切り目を入れておくと何枚くらい残っているかわかりやすい&ラクに皮をむけるようですが
すっっかり忘れていました(^^;)
2009_0404たけのこ-1

コメのとぎ汁(3合分)を入れて最初は中強火、煮立ったら弱火に。
ぷかぷか浮かび上がります・・・うちには落し蓋が無いので、時々上下ひっくり返して凌ぎました(^^;)
茹でるうちに甘ぁぁいふくよかな香りが漂ってきます。至福~♪♪
根元に串を刺してすっと通ったら火を止めフタをして翌朝まで放置。
茹で時間は小ぶりの竹の子(根元の直径10cm前後)2本で大体30分弱?
 2009_0404たけのこ-2

明けて翌日、残りの皮をむく。
めちゃ柔らかく難なくむけるのは良いのですが・・・
竹の子の可食部分って大体三分の二以下だと思った方が良さそうです(^^;)
むいたら即、水に浸しておきます。
 2009_0404たけのこ-3

ということで今回は竹の子づくし!・・・にしたかったのですが、いかんせん分量を
確保できず(^^;)
2009_0404アテ
●竹の子と鳥手羽元の炒め煮:
竹の子・鳥手羽元・大根・椎茸・こんにゃく
【調味料】
酒・塩・味噌 
★こんにゃくと大根をそれぞれ下茹でしておく。手羽元に塩を揉み込んでおく。
⇒手羽元を表面が白っぽくなるまで軽く炒め、酒を回し入れる。水をひたひたまで注ぎ、
 中強火で煮る。
⇒アクが出たらすくい、椎茸・こんにゃくを入れる。再び沸いたら中弱火にする。
⇒煮汁が少し煮詰まったら竹の子・大根を入れる。
  ⇒全体に火が通ったら煮汁を少し取り分け、味噌を溶き入れる。火は弱火に。
⇒煮汁にトロミがついたら火を止め、放置。冷まして味を染み込ませる。
⇒粗熱が取れたら再加熱。
※反省点:椎茸を入れるタイミングが早かったようで、ぼろぼろになってしまいました・・・
 干し椎茸ならもう少しマシだったかも(^^;) 
 
っかぁぁ竹の子美味ぇ!!恥ずかしながらこのトシまで竹の子がほっくりほの甘いものだとは
知りませんでした・・・ちょっととうもろこしに似た味?輸入モノの水煮竹の子とここまで違うとは!!
特に煮物ではその差が明らかです。↓下記のような、濃いめに味付けした炒めものならまだ何とか
誤魔化せそうですが(^^;)
 
●竹の子・茄子・豚肉の炒め物:
竹の子・茄子・豚肉・エリンギ
【調味料】
ニンニク・酒・醤油・塩胡椒
・・・味はともかく、見た目はイマイチ(^^;)
茄子、皮をむいて炒めるべきでした・・・ 
 
●鳥つみれの粕汁:
鳥挽き肉・白ねぎ・もやし・えのき・豆腐・麩
【調味料】
つみれに醤油・酒・卵・片栗粉、味噌:酒粕=2:1、塩少々、出汁はいりこ
 
今の時期はやや酒粕を控えたあっさり目の方が美味しく感じます。
酒粕の残り、冬に備えて冷凍保存しておこうかなぁ・・・次に出来立て酒粕が手に入るのって
早くて12月だしなぁ(^^;)
 
●太刀魚の塩焼き:塩焼きと書いて「酒の友」と読みます(笑)ウマーです♪
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 21:50 | comments:10 | trackbacks(-) | TOPへ

COMMENT

たっけのこ~♪
マメだなぁ、生の竹の子買ってきて家でゆでた方が
絶対美味いと知ってるけども、なかなか手が出ない

でもココ見てると何か自分もちょっとやってみようかな
という気になる、不思議w

| たなぱ | 2009/04/06 23:23 | URL | ≫ EDIT

>たなぱ様
是非やってみて~♪
作業自体はめちゃめちゃ簡単やし、吹きこぼれにだけ気を付ければOK!
とりあえず、でっかいの1個より中くらいのを何個か、の方が茹で易いとは思うけど・・・
米のとぎ汁だと鍋洗うのもラクだし(笑)
まぁお値段的にしょっちゅう食べられるモノではないけど(^^;)、この時期だけの
贅沢ってことで♪

| zumi | 2009/04/07 00:32 | URL | ≫ EDIT

太刀魚!
僕が焼き魚で食べられる数少ない魚!!
ウロコがないんですよね。
淡白で美味しいのに、お造りだとイマイチなんですよね~。
不思議な魚です。

| KazN | 2009/04/07 21:52 | URL | ≫ EDIT

>KazN様
やっぱ太刀魚は塩焼きでしょ~♪
・・・ま、お造りは食べた事が無いので比べようもないのですが(^^;)
まぁ日本酒にも燗が美味しいタイプと冷やが美味しいタイプがあるんだし、
魚もタイプ別に分けられるのかもですね(笑)

| zumi | 2009/04/07 23:45 | URL | ≫ EDIT

zumiさんのブログを拝見してると、太刀魚の登場率がかなり高いですよね。もしかして毎日食べてるとかv-12
ボクも嫌いじゃないですが、食べる度に腹側の小骨にかなり悪戦苦闘してます。

| しげ蔵。 | 2009/04/08 22:03 | URL | ≫ EDIT

>しげ蔵。様
実は実家の父の釣果をかっさらって冷凍保存し、一気に食べちゃ勿体ないので
週末晩酌の時だけちびちび食べてます(せこい)
好きなんですよ、太刀魚・・・
ちまちまちまちま両手両足フル動員でほじくり返してます(笑)
私、元々箸の持ち方が変で魚の骨を取るのは下手なんですが、太刀魚に関しては
猫に残り物やってもそっぽ向かれるほどきれ――に食べ尽くしてしまいます(^^;)

| zumi | 2009/04/08 23:52 | URL | ≫ EDIT

自分で茹でた竹の子っておいし~ですよネ!
僕も毎日竹の子ずくしですっ。

やっぱ、トウモロコシっぽいですよね~。

| chojin boss | 2009/04/09 02:59 | URL | ≫ EDIT

タケノコ、春ですねぇ。
わたくしのタケノコも春の暖かさにつられてニョキニョキです。
パンツを突き破る勢いです!
風呂に入ったら、ヌカで洗ってみま~す!

| sano | 2009/04/09 07:56 | URL | ≫ EDIT

>chojin boss 様
やっぱこの時期は竹の子ですよね~♪
(と、今年初挑戦の初心者が偉そうに(笑)
お店のメニューにも何品か出されているんですよね・・・
食べに行きたいなぁ(^^;)
せめてもの憂さ晴らしに(笑)リンク貼らせて頂きましたので
ご了承ください♪

| zumi | 2009/04/09 23:38 | URL | ≫ EDIT

>sano様
sanoさんの場合、ぱんつの中よりお鼻の方がニョキニョキ
長くなりそうな(笑)
米ぬかは美肌効果があるようですが、無農薬かどうか
ご確認の上お試しください~♪
あ、ツヤツヤになっても見せびらかしちゃだめですよ?(笑)

| zumi | 2009/04/10 00:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。