日常雑記

酒、料理、音楽、漫画etc。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ココロの贅沢

先日、こんな記事を発見。
フランス人の有名シェフ、避難所で料理振る舞う
昔の料理漫画で
『被災地の避難所で一角をレストラン風にしつらえ安い肉を工夫を凝らして
極上のステーキに仕立て上げて避難者を元気付ける』という作品があり 
めっちゃ共感したのですが・・・
現実にこんなことをしてくれる料理人達がいるとは思いませんでした♪
事実は漫画より奇なり(笑)
まぁ実際こんなサービスを受けられるのは全体のうちほんの限られた
方々だけなのでしょうが、それでも支援=必需品オンリーではなく如何に
快適に過ごしてもらえるか、心を潤せるかを考えるヒントにはなるかと。
しかし「美味しいものは人の心を和ませ、元気付ける」
ごく当たり前のことですが、飲食業志望者の一人としては何だか
誇らしいですし更に気合入れなきゃって感じです
やっぱ食べる楽しみ飲む楽しみをおろそかにしちゃイカン!ということで♪
花見の予定がポシャっても腐らず、独りで美味しく楽しく飲むぜぃ!(笑)

※それより書きかけの記事がいきなり消えた事の方が余程腐ったり(^^;)
フツーいきなり落ちるかぁIE!!?(涙)

            
●お酒:山廃純米酒「三井の寿・穀良都(みいのことぶき・こくりょうみやこ)」
                (福岡・井上合名会社)1.8L 2,625円

     
原料米:穀良都100%、精米歩合:70%
    アルコール度数:15度以上16度未満、日本酒度:?
    
酸度:?、アミノ酸度:?、使用酵母:自家培養7号系酵母
    醸造年度(BY):? 
杜氏名:井上 宰継氏 (兼蔵元・能登杜氏?)

●お酒:純米吟醸酒「墨廼江(すみのえ)・蔵の華」
                (宮城・墨廼江酒造)1.8L 2,835円

     
原料米:蔵の華100%、精米歩合:55%
    アルコール度数:16度以上17度未満、日本酒度:プラス4
    
酸度:1.6、アミノ酸度:?、使用酵母:宮城酵母
    醸造年度(BY):? 
杜氏名:伊藤亮一氏 (南部杜氏)


墨廼江の印象は前回とほぼ同じなのですが、グラスを取り違えたかと思うほど
穀良都の冷酒がドライな印象になっていました。
フルーティさが目立たなくなり、酸味が面に出てきて墨廼江1週目の印象に
近いような・・・ほとんど白ワイン的なドライさ。(まぁコクはきちんと残っているのですが)
これならパンにも合うかも?特にドイツ系のパンとか。とりあえず今回のパスタには
全く問題なくハマっていました。
ま、ぬる燗にすると途端に適度にふくよかな丸みのある口触りになるのですが・・・
やはりこの時期は冷酒より冷や、人肌以下のぬる燗が良いかと♪


2011_0409アテ          
前週は 色々キツかったので、自分を甘やかし放題の好きなものオンリーメニューで!
(あ、いつもそうか(笑)

●あさりのスープパスタ:あさり・絹さや・パプリカ・舞茸
【調味料】  
にんにく・塩胡椒、EVオリーブ油  
前日夜
ざっと洗って上げ底したザルにとり(※1)、海水程度の塩水をひたひたに注ぐ(※2)
※1:吐き出した砂を再び吸い込まないように
※2:あさりが呼吸できるように。
当日
あさりをザルにあげ、そのまま1時間ほど放置して
塩抜き
→水洗いし、酒と少量の水で蒸し煮
→殻が開いたら火を止める
→煮汁はキッチンペーパーで漉す
★1年に1回しかあさり料理しないもんで、すっかり手順を忘れてました(^^;)
ネットで調べてみるとぬるま湯を使えば早く砂抜きできるようですが
温度加減がビミョーっぽいしなぁ・・・  
          
●ふきのとう味噌
【調味料】 
酒・味噌(今回は大粒15個弱に対して大さじ山盛り1)
外皮を一枚はがし、根元をカットして水に浸しておく
(根元の変色防止)
→沸騰させた湯で軽く茹で、ザルにとり水にさらす
→水気を切り、細かく刻んで油で炒める
→酒・味噌を加え、水気がなくなるまで炒める
(保存性を良くするため)
★今回一番の贅沢メニュー(笑)
高いんですよねぇふきのとうって(^^;)  (大粒6~7個入りで398円)
私は軽く火が通るまで茹でた後さっと水にさらして炒めるだけなのですが
ホロ苦通り越してニガニガです!
味噌の量を増やしたり味醂や砂糖を加えると食べやすくなるのでしょうが
この独特の風味を満喫したいので♪(マゾ?(笑)
ま、何日か冷蔵保存すると適当にマイルドになるのでそれを見越してって所です。

●里芋と鳥胸肉のクリーム煮:里芋・鳥胸肉・玉ねぎ・エリンギ・しめじ
【調味料】 
にんにく・酒・塩胡椒・味噌、ホワイトソースに小麦粉・油脂・牛乳
★前日に里芋をきれいに洗って乾かしておくと、手もかゆくならずいつもより
かなりスムーズに剥けました♪
(まぁ元々の包丁さばき下手はどうしようもないですが(^^;)

●自家製らっきょう・いかの塩辛

●菜の花のお浸し
 
【調味料】  
白だし、トッピングにかつお節
★自分用メモ:直接炒めるするより固めに塩茹でした方が筋っぽさが
残らず美味。

●どて焼き
★先週の残り物

●クリームチーズ

さて本日のBGM。ひょっとして以前にもアップしたかも?
ウルフルズの曲の中でも1,2を争うほど好きな曲です。
「全部忘れろ、そして前へ進め!」
「全部思い出せ、そして前へ進め!」


この曲を聴くと、今よりもっとキツかった頃を思い出して「何ヘコんどるねん私!」
てな気分になれます(笑)
まぁ無理せずぼちぼちしたたかに頑張っていきましょう~♪
関連記事

ブログランキング参加中です!お好みのバナーを1クリックお願い致します♪
FC2ブログランキングへにほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 料理ブログ おつまみへにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ人気ブログランキングへ
| 料理・お酒 | 01:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOPへ

COMMENT

どの酒でも空気に触れると

こんばんは。
開栓した瞬間から空気(酸素)に触れて、
どんな酒でも変質し始めます。
混じりもののない、いい酒ほどおそらく、
変質の度合いは大きいのでしょう。

一方、アルコール度数の高い酒、
アルコール添加で調整している酒は、
わりと変質がないような気がします。

そうかといって、変質がすべていけないわけではなくて、
変質することで良いほうに変わるものもありますし、
本当に酒は奥が深いですねえ。

あさりのスパゲッティ、おいしそうですね。
パプリカといんげんの色が鮮やかです。
菜の花のお浸しもいい感じですよ!

| 只野乙山 | 2011/04/12 23:36 | URL | ≫ EDIT

行間からなんとなく「あー疲れたな~」って雰囲気が
にじみ出てるような気がいたします~。
お疲れ。
無理しないでね。

| たなぱ | 2011/04/13 09:40 | URL | ≫ EDIT

>只野乙山様
こんばんは!
そうなんです、しっかり丁寧につくってある純米酒って
時間経過とともに変化していくのもまた楽しめるんですよね~♪
(もちろん清潔な冷暗所で保存していることが前提ですが)
大手メーカーのお酒はいつ飲んでも同じ味を楽しめるように
醸造アルコールを入れたりして品質調整しているのだと思いますが・・・
一升瓶開封後、翌週以降に風味の変化があるかどうかを楽しみに
飲むようになってしまった私には少々物足りないです(笑)
>あさりのスパゲッティ
ありがとうございます~♪
いつも予算重視で地味なアースカラーの料理になってしまうのですが
せめて春くらいは華やかにせねばと気合入れました(笑)

| zumi | 2011/04/13 21:59 | URL | ≫ EDIT

>たなぱ様
おおきにです~(>_<)
仕事の方は大変だけど少しずつ慣れてきたし、何よりかなーり
楽しくなってきたので良いんやけど・・・
プライベート面の空しさがどうにもこうにも(^^;)
マジ、学生時代から人生やり直したいって気分・・・
まぁ前向きにぼちぼち頑張ります~!!
空元気も元気のうちって言うし(笑)(by後藤隊長)

| zumi | 2011/04/13 22:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT